グローバルメニューナビ

プログラム-その他エリア

上野村セッション

9月28日(土)13:00 ~ 29日(日)12:00
プログラム情報
プログラムの写真

上野村セッションは「第6回新たな多数派の思想の形成を目指す上野村シンポキュウム」として開催。『世界から尊敬される上野村』をテーマとして、スペシャルゲストに、王建成先生(台湾の元経産官僚)を招く。
詳しくは以下のサイトを御覧ください。
http://otenma.exblog.jp/

定員
150名
参加費
12,500円(宿泊・懇親会含む)
※シンポジウムのみの場合2,000円
会場
旧黒澤家住宅 国指定重要文化財
会場MAP
モデレーターのご紹介

お申込み方法はこちらから

川場セッション

10月26日(土)13:00 ~
プログラム情報
プログラムの写真

13:00 永井酒造集合
13:10 永井酒蔵見学。永井家三代の酒造りから、地域づくりの話など
14:00 古新館にてトークセッション

モデレーター
本木陽一 氏

パネリスト
永井則吉 氏
後藤健市 氏

◎キーワードは、三代百年にわたるさきを見据えたビジョン。アジア市場の二人のビションの共通点やその違いなど、易しく楽しく掘り下げる。

15:00 吉祥寺を散策。水を感じる当寺にて、仕込みの水や米作りの水を体感
(拝観料500円実費負担)
16:00 SLに乗車体験したのち、川場田園プラザにて、観光と農業を目指した田園プラザ構想について(乗車券500円実費負担)
17:30 米山温泉にチエックイン
18:00 古新館にて交流会
21:00 米山温泉にて二次会(夜食)。同温泉に宿泊(雑魚寝、朝食あり)

定員
30名
参加費
Aプラン/全行程 10,000円
Bプラン/交流会まで 5,000円
Cプラン/交流会、二次会(宿泊、朝食含む) 5,000円
会場
永井酒造 古新館、ほか
会場MAP
モデレーターのご紹介

お申込み方法はこちらから

中之条セッション

10月10日(木)13:00 ~ 11日(金)16:00
プログラム情報
プログラムの写真

中之条町六合(くに)地区に伝わる「こんこん草履」を通して、六合の人々の暮らしに触れる。また「中之条ビエンナーレ」の期間中であり、ビエンナーレをはじめとするまちづくりをご紹介致します。
【10月10日】
13:00 開会・趣旨説明など
13:20 クロストーク
●テーマ1「六合(山村)の暮らし 生活の糧は 100年後の六合は」
パネリスト
関 千代衛(木地師:伝統工芸伝承者)
山口 一元(農業と酪農)
黒岩 正善(六合の山野草や花栽培の先駆者)  
モデレーター
亀田 慎也

14:30
●テーマ2「こんこん草履(クロストーク)如何に伝承するか」
パネリスト
中村すみ
黒岩 ふじ子
中村
山本 秀明
モデレーター
山重 徹夫

15:40
●テーマ3「作家の視点で見る六合」
パネリスト
山重 徹夫
中山 穣
行松 啓子
アンダーソン
モデレーター 入内島道隆
16:50 フリートーク
17:30 終了
18:00 懇親会(くじらや)

【10月11日】
ビエンナーレツアー  or こんこん草履づくり

定員
30名
参加費
13,000円(宿泊・懇親会含む)
6,000円(宿泊なし)
会場
ねどふみの里
会場MAP
モデレーターのご紹介

お申込み方法はこちらから

桐生セッション

10月5日(土)・6日(日)
プログラム情報
プログラムの写真

桐生は古くから織物で栄えたまち。古くからの建物が今でも数多く残っており、2012年にはその町並みが、重要伝統的建造物群保存地区にも選定されました。一方で、繊維産業の衰退、少子高齢化により地域経済の衰退も否めないのが現状。この現状を好機と捉え、まちを盛り上げようと様々な団体が活動が始まっています。 今回は、桐生の歴史、伝統文化、感性、をフィールドワークを通して感じていただいた上で、「子どもを核にした地域経済活性化」について議論しつくしたいと思います。

●2013年10月5日(土)
13:30~16:30 キッズバレイカフェ
場所:有鄰館 煉瓦蔵
19:00~6日11:00 Parr Marks Studioキャンプ(合宿)

●2013年10月6日(日)
13:00~14:30 第1回アフタースクール
”Look! Listen! Play! Let's play Jazz!"
場所:末広商店街
詳しくは以下を御覧ください。
http://localsummit.jp/gunma/pdf/program_kiryu.pdf

定員
プログラムごとに異なります
参加費
プログラムごとに異なります
会場
有鄰館他
会場MAP
モデレーターのご紹介

お申込み方法はこちらから

南相馬セッション

10月19日(土)12:00~20日(日)17:00
プログラム情報
プログラムの写真

相双地区の未来を創り出すこども・若者達(中高校生<在学生、卒業生>)と内外の大人達(首長等も含む)が様々な形で熱く語り合う「相双ダイアローグ」によって、相双の場所文化(相馬野馬追、報徳仕法、食生活、暮らし方等)を学び直しながら、この土地で放射能とも向き合いながら多様な暮らしで内外に輝いていくために、つながりを、居場所をつくる、いのちを育む、森里海連環による復興のあり方等を総合的に議論し、「心ひとつに世界に誇る相双の再興」という志民による復興のビジョンと当面のアクションプランを共有していく一歩にする。

定員
約40名
参加費
未定
会場
ゆめはっと・銘醸館・原町青年会議所・朝日座
会場MAP
モデレーターのご紹介

お申込み方法はこちらから